PICK UP ブログ
「その後、どうですか」

農家さんになった卒業生の援農に行ってきました!~SHARE THE LOVE for JAPAN~

2020年2月19日 イベント

昨年2019年の農業は、台風 大雨の被害を受けた1年でした。生産者はもちろん、市場や小売店と生活者を繋ぐ青果バイヤーの方々も大変な苦労がありました。マイファームが運営するアグリイノベーション大学校の卒業生さんたちもたくさんの被害がありました。

 

そこで、「なにか私たちにできることはないか」と、台風で被災した卒業生の農家さんの畑にお手伝いへ、援農体験を開催しました。農家さんになった卒業生の椿さん(千葉・匝瑳)、繁昌さん(東京・青梅)の畑へ、参加者を募り、援農に伺いしました!

2019年11月30日(土)椿さんの圃場で援農開催!

なんと参加者のほとんどが椿さんの同期生。参加者のうち1人は群馬から参加した原さん。「椿さんが心配だったんですよー、元気そうでよかった」と。原さんは現在群馬でネギをメインとした作付体系で年々売上も順調とのこと。

 

椿さんからコメント

率直な感想としましては、とても有意義な時間を過ごせて良かったと実感しております。自分たちの作業が、皆様のおかげで進み、大変助かっただけでなく、参加者のみなさんからも農作業やそれにまつわるお話など、普段、自分たちの作業の中では決して聴けないお話を、作業と同時に伺えたことは、自分たちにとって大変有意義でした!

 

続いて、2019年12月1日(日)は繁昌さんの畑で開催!

東京開催ということもあり、すぐ定員になりました。

繁昌さんからのコメント

AICの受講生ということもあり、皆さんやる気にみちあふれていて、なにもかも率先してくださったおかげで、玉ねぎのネットかけ、夏野菜の片付け作業もスムーズにいくことができました。普段とちょっと違う青梅の畑の土にふれあっていただいたり、ぼくなりの栽培方法や管理のことをお伝えさせていただきました!

 

援農に参加した方からコメント🎤😊

・新規就農の土地の事や野菜の取引価格など隠す事なく教えてくれました。

・被災した圃場に継続又は一定期間は集中的に行うのも良いかなと考えました。

・援農は月に数回でもあればいいなと思います。

・仲間が元気そうでほっとしました。

 

同行したスタッフのコメント 

なによりも印象的だったのは、同期生の参加者や応募が多いことでした。1年の学びの期間で濃密な時間と、「農」を共通点として学んだ時間が一生の仲間になっているんだと実感し、事務局冥利に尽きる、そんな援農の2日間でした!

 

Special thanks

繁昌さんと椿さんは、大地にやさしい農業を応援している「SHARE THE LOVE for JAPAN」の活動に参加しております。大地にやさしい農業を応援している「SHARE THE LOVE for JAPAN」は、アグリイノベーション大学校を卒業して新規就農した農家の方を「挑戦者」として迎え入れ、自然に寄り添う農業をしたいという志をサポ―トしてくださっています。昨今の台風被害を受けた活動参加農家さんに苗の提供なども支援されており、現在17人の卒業生が参加しています。今回の援農にもスタッフの方が参加してくださいました。

詳しくは下記HPをぜひご覧ください。

https://sharethelove.jp

 

 

 

私の中の「やってみたい」が動き出す

受講説明会

平日夜開催/休日開催/講師で探す

開催予定の説明会スケジュールはこちら

アグリイノベーション大学校のSNS

PAGETOP