PICK UP ブログ
「その後、どうですか」

植物生理を考え、収穫量を増やす

2019年1月30日 農業技術

ソラマメの畑です@高知県


ソラマメの主枝は栄養成長に偏っています❕主枝の葉は空に向かって葉を広げるので、側枝の光合成の邪魔もしてしまいます!

主枝を落とすと、側枝がぐんぐん伸びて、栄養成長だけでなく、生殖成長も強い側枝が太くなり、全体の収穫量が増えます。


ちなみに、ソラマメの名前の由来は空に向かって豆がなるので、空豆です。素敵ですよね!

畑は、開校当初に顧問をつとめた故山下一穂氏の高知山下農園の畑です。

無農薬無化学肥料で栽培されたお野菜です。

きれいでおいしい野菜の理由は土づくり。

私の中の「やってみたい」が動き出す

受講説明会

オンライン/農場/休日・夜

開催予定の説明会スケジュールはこちら

アグリイノベーション大学校のSNS

PAGETOP