ミライの農業をつくる3DAYSインターン2018

主催:株式会社マイファーム(平成30年度農林水産省「農業人材力強化総合支援事業」)

参加
無料

2018年7月31日(火)~8月2日(木)大阪

2018年8月3日(金)~8月5日(日)千葉

応募受付期間 ~2018年6月25日(月)まで

心から「やりたいこと」で働こう!

「ミライの農業をつくる3DAYSインターン」は、これから農業経営者を目指す、全国の学生のみなさんを対象に開催する2泊3日の合宿型研修(短期インターンシップ)です。
先輩経営者に学びながら、自分の「やりたいこと」を言葉にしていくことで目の前がスッと開ける、そんな体験をお届けします。

本インターンは、自産自消の社会を実現する株式会社マイファームが
農林水産省 「農業人材力強化総合支援事業」の一環として開催するものです。

プログラム概要

プログラムの流れ

チーム分け
section 1
リーダー農家での現場研修

研修生は、3つのチームに分かれ、「リーダー」=先輩農業経営者のもと「現場研修」で、農業経営者は日々何を考え、何を見ているのか?経営の視点を学びます。

グループワーク
section 2
ミライの農業経営を
考えるワークショップ

グループワークでは、「コーチ」の指導のもと、自分自身が将来取り組みたい農業経営のイメージを自由に描いていきます。

全体発表
section 3
プレゼンテーション

3日間の集大成!リーダーとコーチにそれぞれアドバイスをもらいながら、全体発表を行います。経営者としての視点を身につけ、将来取り組みたい農業経営の姿を見つけましょう!

コーチ紹介

コーチ:蓜島一匡 氏

コーチ(同)Amahoro
代表 蓜島一匡 氏

非営利団体での活動や東北の復興支援での経験を経て、現在も、社会的事業や新規就農者など困難に挑戦する人々への伴走支援を行なっている。

コーチアシスタント
伊東拓也 氏

大学院卒業後、経営コンサルティング会社に勤務し、養殖業の事業計画づくりや畜産業の資金調達計画づくりに従事。現在は農業者向けの経営塾の企画・運営を担当。

コーチアシスタント
近藤和 氏

大学卒業後、栄養士としての経験を経て、食を生産から学びたいと思い株式会社ファームへ入社。 現在は農業者向けの経営塾の企画・運営を担当。

関東リーダー(株)なんじゃもんじゃリゾート
代表 秋葉秀央 氏

大学卒業後、IT企業に就職し、営業活動に注力する。2008年実家のある千葉県山武郡にUターンし、祖父が 稲作専業農家 だった影響もあり2009年新規就農者となり、「在来種」の古代稲の保守保存活動などを行う。現在は、離農した父親のペンション運営を引き継ぎ、農業の新たな可能性を見出し、現在は宿泊施設・農家レストラン運営に向け邁進中。

有限会社GFK代表

関東リーダー有限会社GFK
代表 浪川誠 氏

平成3年に千葉県旭市に有限会社GFKを設立。水耕栽培によるサンチュを中心とした葉物野菜の生産をしている。近年は、都市部の消費者をターゲットとしたBBQを開催し、新規顧客獲得を精力的に行い、旭市の活性化にも寄与している。また、障がい者雇用にも力を入れており、現在3名の雇用を行っている。

有限会社ゆうふぁーむ代表

関東リーダー有限会社ゆうふぁーむ
代表 境野心作 氏

大学卒業後、農家を目指し、長野県で9カ月間の研修を受け、23歳で多古町を訪れ、ゆうふぁーむに入社。2015年に 技術や農地、経営ノウハウを次の世代へ伝えていく「家族外事業継承」でゆうふぁーむの代表となる。23haの畑では、人参を年間50トン出荷し、金美人参など珍しい品種も生産している。他役員2人、スタッフ20名と共に、オリジナルの肥料で土作りをするなど、新しい試みを行い、日々切磋琢磨している。

関西リーダーキノシタファーム 代表
木下健司 氏

今から9年前、当時木下さんが29歳のときに、某製紙メーカーのサラリーマンから農業家へ転進。 実家が農家だが、継ぐのではなく自らが起業するという思いで就農を決意。就農した最初の3ヶ月間は父親のもとで軟弱野菜(小松菜水菜がメイン)の栽培を学びながら、家業を手伝う。その後、偶然の重なりで現在のミニトマトの栽培方法と出会った。半年間愛知県豊田市での農業研修を終えた後に、地元大阪府岸和田でミニトマト栽培をスタート。現在は、関西のレストラン、飲食店から引っぱりだこのミニトマトを手がける。

関西リーダーGreenGroove 代表
中島光博 氏

大阪府和泉市にて水耕栽培・露地栽培を使い分け、日本では手に入りにくいヨーロッパ品目など希少野菜を中心に多品目栽培し、通年で全国のレストランやホテルなどへ販売を行っている。脱サラ後、全く縁のない大阪で新規就農し10年目。「ゼロからの就農」でも高収益をあげられる営農モデル構築を成し遂げ、農業を「誰でも普通に選べる職業の一つ」にするべく、農産物生産だけに留まらない多角化経営を模索中。

関西リーダーナカスジファーム 代表
中筋秀樹 氏

大阪の南東部、富田林市で大阪なす、胡瓜の大規模生産をはじめ年間約30種類の野菜を生産。『農』を志す我々が農業のあるべき姿を創造する!という経営理念を掲げ、約40名のスタッフと共にこれからの農業を日々追求している。今後の展望は、『もの』創りはもちろん都市農業の利点を活かし『こと』創りとして農業体験型レクレーション施設『Heart of Nakasujifarm』を開園し、消費者の方々への食育、農業の楽しさ、価値を高めていくこと。

タイムスケジュール(3日間)

DAY1
13:00 集合
オリエンテーション
チーム分け
14:00 3つのリーダー
(先輩農業経営者)を訪問
コーチ×経営者トークセッション
18:00 夕食
19:30 チーム発表
農業経営を考えるワークショップ①
21:00 車座(任意参加)
DAY2
07:00 朝食
08:30 チームごとに分かれ
リーダーのもとで現場研修(午前)
12:00 昼食
13:00 現場研修(午後)
経営課題を考える
グループワーク(チーム)
18:00 夕食:懇親会
19:00 ミライの農業経営を考える
対話型セッション
発表準備
DAY3
07:00 朝食
08:15 レクチャー
09:30 ミライの農業経営を考える
グループワーク
12:00 昼食
13:30 ミライの農業経営発表会
プレゼンテーション
17:00 解散

宿泊先

大阪/千葉では、同一プログラムを開催します。いずれかの会場から選択してご参加ください。
なお、集合・解散の場所、時間について詳しくは、参加者の方に別途ご案内します。
※いずれの会場も、最寄りの空港から30分圏内です。飛行機で参加の場合、お帰りの便は18時以降をご予約下さい。

大阪会場

大阪国際ユースホステル

〒592-0002 大阪府高石市羽衣公園丁(浜寺公園南端)
<関西国際空港より30分>

千葉会場

コテージ&ペンション NANJA MONJA

〒289-1726 千葉県山武郡横芝光町木戸8549-1
<成田空港より30分>

エントリー要項

参加対象

農業経営者を目指す学生 / 定員60名(各30名)

以下すべての条件にあてはまる方
1.現在、農業大学校などの教育機関に就学中の方
2.将来的に農業経営者になることを目指している方
3.受講開始時の年齢が18歳〜39歳の方

参加費用

研修費&宿泊費 / 全て無料

※以下の費用は各自ご負担ください。
・期間中の昼食・夕食代 8000円程度
・集合/解散場所までの往復交通費

応募スケジュール

6月25日(月) 応募〆切

6月29日(金) 参加者への選考結果通知

※定員以上の応募があった場合には、
書類選考を実施させていただきます。

応募先

※団体申込みの場合、①参加申込書(団体用表紙)と②(団体用個人) 両方の提出が必要です。
※お申込みは、以下のメールアドレス または FAX(本様式使用)にてお願いします。

【mail:info@agri-innovation.jp】または【fax:075-746-6214】

秋・冬も開催決定!

3DAYSインターンは、夏・秋・冬の年3回開催します。
秋・冬は7〜8月募集予定。連続しての参加がオススメです。

【秋】9/22〜24(北海道)、10/6〜8 (九州)、11/23〜25(宮城)より選択
【冬】12/22〜24(東京)

※【夏】の参加者は優先受付を行います