ミライの農業をつくる指導者向け研修〜学生の意欲を引き出す授業〜<受講申込受付中!>

研修の概要

農業教育高度化を支援するため、農業指導に関わる先生方を対象とした研修となります。

受講対象者

  • 農業大学校教員等の地域の農業経営者育成を担う指導・支援従事者
  • 農業高校・農業系大学校の指導従事者
  • 地方自治体の農業大学校を管轄する担当者、担い手支援担当者、普及指導担当者等

先生方が抱える悩みを解決!

Question 1

「農業に興味はあるものの将来像はフワフワ…」どのように生徒のやる気・主体性を引き出したら良いか、どのように農業の魅力を伝えたら良いか…?

Anser

学生の“内面“に働きかける問いかけが重要です。自発的・積極的に行動を起こすようになるコーチングの手法と参加型講義の作り方を学ぶと、生徒の主体性を引き出しやすくなります。

Question 2

農業現場の具体的な課題やその解決策まで伝えて学生の就農を支援したいが、現行カリキュラムではフォローできていない…

Anser

経営やマーケティング、スマート農業など、これからの農業経営に必要な新しい分野を題材に、実践事例を交えて伝え方を指導します。研修後には農業現場のリアルが見える講義が展開できるようになります。

タイムテーブル

Day 1819日(金) Day 2826日(金)

  • いまの学生に響く指導スキルを身につける
  • 授業で教えることと、農業現場を接続させる(現場のリアルが見える授業に)

Day 1

  • 教育でミライの農業が変わる / 佐川友彦(ファームサイド㈱代表取締役)
  • 若者の学ぶ意欲を引き出す指導スキルと考え方 / 蓜島一匡(米国認定CPCCプロフェッショナルコーチ)
  • 教室と現場をつなぐ農業経営の教え方 / 佐川友彦(ファームサイド㈱代表取締役)
  • 初日の総括 / 佐川友彦(ファームサイド㈱代表取締役)

Day 2

  • 教室と現場をつなぐ農業技術の教え方 / 石原北斗(アグリイノベーション大学校学長)
  • お悩み解決ワークショップ / 佐川友彦、蓜島一匡、石原北斗
  • テーマ別交流会 / 佐川友彦、蓜島一匡、石原北斗

オプション講義

  • 指導に生かせる現場の知識と事例を仕込む ※オプション講義は受講講座を選択いただくことが可能です。
  • 農業経営に活かせるデータ活用のリアル(課題解決思考) / 藤原拓真(ウォーターセル㈱執行役員)
  • マーケティングの理論と実践を両立した“使える”講義設計 / 佐川友彦(ファームサイド㈱代表取締役)
  • 経営と地域を守る知的財産権の知識 / 林 いづみ(桜坂法律事務所 弁護士)

タイムテーブルの詳細については、下記チラシ裏面よりご確認ください。

募集チラシ

講師情報

佐川 友彦 佐川 友彦 ファームサイド㈱ 代表取締役

阿部梨園でのマネージャー経験と全国各地での農業経営者の課題解決経験に裏打ちされた現場感覚と経営改善力で、「経営を教える」を解きほぐす。農業経営塾を中心に年間150回を超える登壇で培った分かりやすく本質を捉えた講義法、資料作成ノウハウも伝授。

蓜島 ⼀匡 蓜島 ⼀匡 合同会社Amahoro代表社員

米国認定CPCCプロフェッショナルコーチ/CCC 社 レゾナントリーダシップ修了。水産商社、農業法人勤務等を経て、農林水産分野で経営者、学生向けにコーチングスキルを活かした研修をおこなう。ミライの農業をつくる3DAYSインターンでは延べ300人を超える学生をメインコーチとして導いた。

石原 北斗 石原 北斗 アグリイノベーション大学校学長/㈱マイファーム取締役

就農教育を手掛けるアグリイノベーション大学校の農学講義および農場実習講義の講師として2,000人の卒業生を輩出。現在は、原料生薬栽培や産地支援、中国/東南アジアにおける農業生産事業、ソーラーシェアリングなど、生産や営農支援、技術開発に関わるプロジェクトを統括している。

藤原 拓真 藤原 拓真 ウォーターセル㈱執行役員

大学卒業後、地元のSIerを経て2013年に新潟発農業ITベンチャー企業であるウォーターセル株式会社へjoin。営業・マーケティング部門の立ち上げ及び生産・経営管理システム「アグリノート」の全国向け広報活動に従事。各地の経営塾や教育機関でも、スマートアグリの推進に取り組む。農業経営の現場でのICT活用事例とデータ活用に精通。

林 いづみ 林 いづみ 弁護士/桜坂法律事務所

弁護士知財ネット専務理事。農林水産省/食料・農業・農村政策審議会など委員。
2016年から「農水法務支援チーム」を立ち上げ、100名を超える全国のメンバー弁護士と、農業、林業、水産業の経営者・従事者に寄り添う活動を積極的に展開。研修では、第一次産業における知財活用のコツをわかりやすく紹介する。

研修情報

リアルタイム受講

  • 開催日時:
    • Day 1申込受付終了
    • Day 2申込受付終了

    オプション講義:申込受付中(締切:各開催回 3営業日前迄)

    • 先端農業技術:2022年9月14日(水)15:00~17:00
    • マーケティング:2022年9月21日(水)15:00~17:00
    • 知的財産研修:2022年9月29日(木)15:00~17:00
  • 開催方法:Zoom
  • 参加費:無料
  • 各回定員:30名
  • 申込締切:オプション講義:各開催回 3営業日前迄 
    ※募集チラシで御案内している申込期限を、一部延長しています。

アーカイブ受講

  • 受講可能期間:2022年9月14(水)~2023年2月28日(火)
  • 受講方法:申込み頂いた方に別途ご連絡いたします。
  • 参加費:無料
  • 申込締切:2022年12月23日(金)

申し込み方法

参加申込書を記入しメール送付

下のボタンから参加申込書をダウンロードして記載いただき、メール添付で送付ください。

  • メール送付先:mf_seminar@myfarm.co.jp
  • 件名:【ミライの農業をつくる指導者向け研修】受講申込